ゴールデンタイム

著:山田宗樹

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    “嫌われ松子”の死から四年。大学を卒業したものの無為の日々を送る松子の甥・川尻笙は、初めて夢を見つけようとしていた。一方、望んだ医師への道を着実に歩んでいた笙の元恋人・明日香にも人生の転機が訪れていた。松子の生を受け継ぐ二人の青春を爽やかに描く表題作他、松子が思いを寄せた風俗店店長・赤木の晩年を描く「八雲にて」を収録。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    20
    5
    2
    4
    5
    3
    13
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/22Posted by ブクログ

      続編。本編に比べたら現代劇で軽い。松子のことは少し出てくるが、あまりにも関係ないのでなんともはや。赤木の晩年にまつわる小品がむしろ感慨深いくらいだ。

    • ネタバレ
      2016/11/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード