孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻

著:大鐘稔彦

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死亡肝移植によって一命をとりとめた大川が拒絶反応を起こし、再手術のため台湾へ来る。当麻は翔子もまた病魔に侵されていることを告げ、自らメスを執った。最愛の翔子と共に生きるため、古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻。しかし病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた……。現代の医療システムに警鐘を鳴らす衝撃の問題作、ついに完結。

    続きを読む
    • 孤高のメス 神の手にはあらず 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      孤高のメス 神の手にはあらず 全 4 巻

      2,200円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    3.5
    13
    5
    2
    4
    4
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/19Posted by ブクログ

      荒井の医療ミスによる訴訟の顛末が中途半端。当麻が、日本を離れなけばならない脳死肝移植で一旦は回復なったかと思われた大川町長だが、拒絶反応で再度生死の瀬戸際に。かてて加えて翔子に病巣(癌)が見つかってし...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      「神の手にあらず」という副題の意味がずっとわからずだったのですが、4巻にを読んでみて、なるほど^^と感じました。翔子さんの生きざまがとても素晴らしく、また3巻~4巻にかけて、主人公当麻医師の人間的な部...

      続きを読む
    • 2017/12/31Posted by ブクログ

      話が進めば進むほど、当初の勢いのない展開になっていく。孤高のメスでも愛する人は救えず、スーパードクターの活躍を書く昨今のドラマとは現実は違うという事か、ホスピスに向かう患者と家族の心情が良く描かれてい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード