孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻

著:大鐘稔彦

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 275(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く……。

続きを読む
  • 孤高のメス 神の手にはあらず 全 4 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    孤高のメス 神の手にはあらず 全 4 冊

    2,200円(税込)
    22pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(57件)
  • 2012/10/06

    読み終わった後はひたすら放心状態でした。
    とにかく悲しい。悲しい。悲しい。
    サブタイトルの「神の手にはあらず」の意味がわかった気がします。
    どんなに優れた技術を持ってても、人格者であっても、
    今までに...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2010/01/08

    今回は当麻先生が恩師羽島先生のPTオペの前立を担当したり、台湾の王さんの病状の悪化、甦生記念病院の島田院長のアルツハイマーの疑い、そして当麻先生の父も…

    当麻の周囲の人たちの病状が悪化しつつある中、...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2018/10/12

    「神の手にあらず」という副題の意味がずっとわからずだったのですが、4巻にを読んでみて、なるほど^^と感じました。翔子さんの生きざまがとても素晴らしく、また3巻~4巻にかけて、主人公当麻医師の人間的な部...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード