現存12天守閣

著:山下景子

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の城に初めて天守が出現したのは織田信長が天下統一を目指していた頃。関ヶ原の戦い後には築城ラッシュを迎え、防御拠点として、また権力の象徴として、記録に残るだけでも優に百を超える天守が日本全国に点在した。まさに天守は城の顔といえた。その後、戦乱の荒波や江戸幕府の一国一城令、さらには明治維新後の解体撤去、災害、戦災によって今や現存はたった12。奇しくも残った12城をぶらり探索。城の歴史や見所を詳述。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/24Posted by ブクログ

      【内容】日本の城に初めて天守が出現したのは織田信長が天下統一を目指していた頃。関ヶ原の戦い後には築城ラッシュを迎え、防御拠点として、また権力の象徴として、記録に残るだけでも優に100を超える天守が日本...

      続きを読む
    • 2012/02/24Posted by ブクログ

      現存する12の天守。その成り立ちと変遷。
      それぞれの内容はマニアには物足りないだろうけど、
      読みやすく、訪れる前にちょっと読んでおくのに良い。

      読んでみて意外だったのは、ここまで残ったのが結構奇跡的...

      続きを読む
    • 2011/09/28Posted by ブクログ

      一国一城令、廃城令、戦災、すべてを乗り越え、江戸時代から残った天守を持つ城はわずかに12城。その12城のコラム集。写真もあまりない。その分、全部見た奴がこんな作りだったなぁとニヤニヤできる仕様。すべて...

      続きを読む

    セーフモード