孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻

著:大鐘稔彦

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

    続きを読む
    • 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      孤高のメス 外科医当麻鉄彦 全 6 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2016/11/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/10/02Posted by ブクログ

      脳死の判定。
      というものはいまだに議論されてるのかもしれませんね。
      果たして、いいのかどうか?
      本人には決定する意思がないし・・・
      難しい問題を抱えながら、、、、、

    • 2007/07/21Posted by ブクログ

      まだ臓器移植法が制定される以前、脳死が人の死であるかどうか決着がついていない時代のお話。「真実患者のためを思い、それを助けたい一念でありとあらゆる手段を講じ、持てる力を振り絞ってやったことならば、なん...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000110055","price":"550"}]

    セーフモード