孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第3巻

著:大鐘稔彦

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    実川の上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる。当麻も駆けつけるが、そのとき母危篤の知らせが…。

    続きを読む
    • 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      孤高のメス 外科医当麻鉄彦 全 6 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    3.5
    30
    5
    4
    4
    11
    3
    13
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/08Posted by ブクログ

      当麻の母・峰子の転院から急変へと流れる時間軸の中、近江大での生体肝移植が現実のものとなった。本巻の中でもいくつかあるピークの最大のものだ。著者は、本シリーズの中で医師としての経験を余すところなく物語に...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/12/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/29Posted by ブクログ

      当麻先生ってああ見えて結構人を見下してるよねえ。そういうところ、作者さんの嫌味が出てて好きになれない理由。

    開く

    セーフモード