【最新刊】加害者家族

加害者家族

1冊

著:鈴木伸元

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平成20年の犯罪件数は253万3351件。被害者家族はマスコミ取材による二次被害で心の傷が癒える間もないが、実は加害者家族も凄惨な生活を強いられる。身内の犯罪を機に失職や転居を余儀なくされるだけでなく、インターネットで誹謗中傷され、写真や個人情報まで流出される。そんな過酷な現実を受け止められず、自殺する人も多い。事件への自らの非力を嘆き激しい後悔に暮れる加害者家族も多いが、そもそも身内の犯罪を未然に防ぐには限度がある。まさに他人事ではない実態を明らかにした、衝撃の一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    幻冬舎新書
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.7
    72
    5
    12
    4
    37
    3
    19
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/24Posted by ブクログ

      犯罪の加害者は責められても文句はない。だが、その家族はどうなのか。加害者が未成年であれば、その親が責められても仕方のない部分はある。でも、加害者が大人の場合その家族の責任とはどれほどのものなのか。わた...

      続きを読む
    • 2018/11/03Posted by ブクログ

      犯罪者を抱える家族がそのあとどのような結末を送るのかが克明に描かれた一冊。

      はっきりいって、犯罪者家族の末路はどん底そのもの。

      もう死ぬしかないぐらい、生きる場所も希望もない。

      ”家族に犯罪者が...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      【目次】
      1 しあわせな家族が、ある日突然、崩壊した
      2 加害者家族の顛末
      3 インターネットの暴走
      4 加害者家族をとりまく社会
      5 加害者家族にとって必要なこと

    開く

    セーフモード