有頂天家族 二代目の帰朝

著:森見登美彦

790円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

狸の名門・下鴨家の矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。皆が恐れる天狗や人間にもちょっかいばかり。そんなある日、老いぼれ天狗・赤玉先生の跡継ぎ“二代目”が英国より帰朝し、狸界は大困惑。人間の悪食集団「金曜倶楽部」は、恒例の狸鍋の具を探しているし、平和な日々はどこへやら……。矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!

続きを読む

レビュー

4.3
53
5
27
4
18
3
7
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/14Posted by ブクログ

    長かった!でもとても面白くて可愛い狸達と離れがたくて大事に読んでました。兎にも角にも狸が可愛い!そして阿保だ(笑)京都に行ったら本当にこんな毛玉達に会えそうな気がしてくるから不思議。天狗も空を飛んでそ...

    続きを読む
  • 2019/03/22Posted by ブクログ

    寿老人の正体ってもしかしてアレなのかな?
    あと弁天様が飲み込んだ石って「きつねのはなし」で出てきたアレかな?

  • 2019/03/13Posted by ブクログ

    京都を舞台に、狸と天狗と人間が織り成す不思議な物語の第二弾。

    母を愛する四兄弟。力を失いながら先生と呼ばれる老天狗。彼が恋する若き天狗・弁天。狸鍋を食べることを楽しみとする人間達。

    皆がしょうもな...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード