アダルト・エデュケーション

著:村山由佳

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ミズキさんとでないと、だめなカラダになっちゃうよ」。弟を愛するあまり、その恋人・千砂と体を重ね続けるミズキ。千砂はその愛撫に溺れ――(「最後の一線」)。女子校のクラスメイト、年下の同僚、叔母の夫、姉の……。欲望に忠実だからこそ人生は苦しい。覚悟を決めてこそ恍惚は訪れる。自らの性や性愛に罪悪感を抱く十二人の不埒でセクシャルな物語。

    続きを読む

    レビュー

    3
    25
    5
    1
    4
    6
    3
    13
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/05/09Posted by ブクログ

      3.8 多くの女性を描いているが、性への捉え方が共通しているように思う。ここまで開放的に生きられないので、官能表現に引きつけられた。

    • 2018/08/14Posted by ブクログ

      あらゆる女性のあらゆる性にまつわる悩み12話

      昔なら、性を中心にした小説は苦手だったけど、この年齢になったからか普通に読めるようになった。

      人間にはいろんな性癖があるんだなってことを改めて認識した...

      続きを読む
    • 2018/06/10Posted by ブクログ

      あと少しの忍耐 PATIENCE
      女子高時代の同窓会に出席した美羽。そこで本当に会いたかった、そして会うのが怖かったオカザキの出会う。彼女との過去を振り返っていく。
      そしてオカザキからは過去の答え合わ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード