【最新刊】アダルト・エデュケーション

アダルト・エデュケーション
1冊

著:村山由佳

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「ミズキさんとでないと、だめなカラダになっちゃうよ」。弟を愛するあまり、その恋人・千砂と体を重ね続けるミズキ。千砂はその愛撫に溺れ――(「最後の一線」)。女子校のクラスメイト、年下の同僚、叔母の夫、姉の……。欲望に忠実だからこそ人生は苦しい。覚悟を決めてこそ恍惚は訪れる。自らの性や性愛に罪悪感を抱く十二人の不埒でセクシャルな物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/03
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    96
    5
    7
    4
    15
    3
    53
    2
    19
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/05/09Posted by ブクログ

      3.8 多くの女性を描いているが、性への捉え方が共通しているように思う。ここまで開放的に生きられないので、官能表現に引きつけられた。

    • 2019/03/27Posted by ブクログ

      12人の女性のそれぞれの恋愛のお話です。

      「不死鳥の羽ばたき」
      タトゥーを入れる描写が印象的でした。

    • 2019/02/25Posted by ブクログ

      短編集。
      あっという間に読めますが、一つ一つが濃厚で胸に残る。
      村山さんの描く自立している女性はかっこいい。
      凛と立っている女性の、性に関する描写はギャップに惹かれる。

    開く

    セーフモード