【最新刊】闇の子供たち

闇の子供たち

著:梁石日

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界中の富裕層の性的玩具として弄ばれるタイの子供たち。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。モラルや憐憫を破壊する資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作!2008年映画化で話題を呼んだ作品が待望の電子書籍化。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2011/08/29Posted by ブクログ

      梁石日著「闇の子供たち」玄冬舎文庫(2002)

      「タイのスラム街でも募金活動 一日の所得が数百円なのに初日だけで90万円も集まる」http://www.faltotv.info/11-03-30-2...

      続きを読む
    • 2012/02/20Posted by ブクログ

      今年の春に読書にはまっていた頃、適当に買いあさった本のなかで、
      最後に1冊、読んでいない本がずっと放置されていたのを、
      今頃になって、なぜか手に取って読み始めた。

      なんの先入観も前知識も無く、ただ、...

      続きを読む
    • 2014/08/27Posted by ブクログ

       命より尊いものはない、とか、命はお金じゃ買えない、と戦後の日本人は教わってきたと思う。 
       でも貧困国ではそんなのは常識ではない。わずかなお金で子供を売ったり、人を殺したりする。自分の命は大事だが、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000110019","price":"660"}]

    セーフモード