バカになれる人はバカじゃない

著:小宮一慶

599円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「バカ」になれるというのはすばらしいことであり、とことん「バカ」になれる人こそ、人生を完全燃焼して、おもしろく生きることができる。目のつけどころが違うと評判の経営コンサルタント・小宮一慶氏は、このように説きます。成功している経営者たちの少なからぬ人たちが、「バカ」になって、黙々と履物を揃えたり、トイレ掃除を欠かさず行っていたりしているといいます。それは、小事こそ大事ということを彼らは知っているからです。本書は、愚直に見えてもほんとうは大切な「成功の原理」をまとめた、珠玉の一冊。びっくりするほど人生が変化する方法が、詰まっています。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    24
    5
    1
    4
    11
    3
    11
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      著者の言う通り、と思うところがしばしば。ただ、このバカになって出来ない人が多くて成功しない人が大半であることを改めて実感。

    • 2019/05/26Posted by ブクログ

      メモ的なものとして残します。

      何かに夢中になること、人としての生き方
      悩みの時こそ成長のチャンス

      繁栄のためには利と義 を一致させるべき

      1か0ではなく、
      例:0.33を0と区別せずに、0.33...

      続きを読む
    • 2018/02/12Posted by ブクログ

      バカになれる =目の前のことにベストを尽くす。
      ベストを尽くすことで見えてくる世界がある屋島成功している人が見ているのもその風景。

    開く

    セーフモード