検索は、するな。

編:安田佳生

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いまのご時勢、調べ物といえば「検索」だ。でも、検索で答えを探すかぎり、そしてそれを使い続けるかぎり、人は頭を使わない。本当の意味で「できる人」「成長し続けられる人」とは、よりパフォーマンスが上がる方法を「知っている」人ではない。その方法を自らの経験から「つくり出した」人だ。だから、ノウハウ本を読んだところで「できる人」にはなれない。「検索」を捨て、「脳みそ」を使え。ベストセラー『千円札は拾うな。』の著者・安田佳生が、「思考の錬金術師」の本領を発揮、考える技術と極意を説いた、鋭く深い一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    46
    5
    4
    4
    22
    3
    15
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/10/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      とにかく自分の頭で、深く考えろ!ということを推奨する本。なんでも、唯一の回答を探そうとする、マニュアル社会への警鐘ともとれる。自分の頭で考えるときの秘訣として、キャンドルを使うというのが印象的だった。...

      続きを読む
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      本書の趣旨は、「検索して、わかった気になっているとバカになるぞ」ということ。確かに、検索は便利であるが、所詮インフォメーションであり、これらを加工してインテリジェンスに昇華させることが重要である。この...

      続きを読む
    開く

    セーフモード