何があっても、生きてろよ。

著:西谷昇二

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    代々木ゼミナールのカリスマトップ講師である西谷昇二先生の新刊です。「壁にぶつかってつらい時期、それはどんな人にも訪れる。そのつらさや苦しみは、根を張り地中に深く伸びていくための養分だ。安易に理解しようとしたり、意味づけしたり、納得しようとしたりしなくていい。“けじめのつかない、のどに引っかかったもの”が自分を大きく成長させるのだから」。自分がつらい時期にあるとき、悩みの淵にあるとき、手元に置いて読み返したい、そんな本です。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/26Posted by ブクログ

      p5 手元に拾い上げた現実は①汚いし②わかりづらいし③複雑 壁の越え方が個性だ。自分の悩みは自分だけのもの。クローン病になり寮生活でいじめにあう。ヴィヨンとは泥棒を働きながら美しい詩をかく詩人。死人に...

      続きを読む
    • 2011/07/19Posted by ブクログ

      大手予備校講師の西谷先生のエッセイ集。内容は筆者の体験を交えたまあ普通の人生論的なものだが、この先生のファンの一人である自分にはたまらない内容。ありのままの自分を肯定でき、生きるパワーをくれる一冊。3...

      続きを読む
    • 2010/11/17Posted by ブクログ

      受験時代、大好きだった先生の本。
      色々、言う人はいるけど、今でも忘れられない。
      その授業の合間の話を忘れないように、ずっと手元に置いときたい本です。

    開く

    セーフモード