「判断力」の磨き方 常に冷静かつ客観的な選択をする技術

著:和田秀樹

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不祥事の隠蔽や談合など、経営者が致命的な判断ミスをした結果、会社が危機に陥るという事例は近年、枚挙に暇がない。頭がよく、経験も豊富なはずの経営者たちが、なぜそんな判断ミスをしてしまうのだろうか?その理由は、判断の際にかかる様々な「心理的バイアス」。これを理解していないと、その時は正しいと思い込んでいても、後で考えると「なぜこんな判断を?」と思うような選択をしてしまうことがあるのだ。本書は、そういった心理学的な見地から「判断力の磨き方」を説く。「二分割思考」「過度の一般化」「レッテル貼り」などといった「思考をゆがめるワナ」を多数紹介し、それを回避し、常に冷静で客観的な判断を下すための技術を説く。今までなかった、一風変わったビジネススキル解説書。

    続きを読む

    レビュー

    2.8
    6
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/24Posted by ブクログ

      フォトリーディング&高速リーディング。
      時事的な話題を失敗例として取り入れているので、今では古い感じがするが、短期的視点・長期的視点や、バイアスのかかった物の見方など、参考になった。

    • 2013/12/30Posted by ブクログ

      判断力を上げるには?


      →二分割思考、何事も白黒つけるのは危険
      判断力をつけるためには失敗事例を集めて研究する
      自分を客観的に見つめるのがメタ認知、自分の認知パターンを認知することが第一歩

    • 2013/10/10Posted by ブクログ

      要するに経験豊かな人ほどかえって常識的な「思い込み」によって大きな失敗をするので注意しなさい、という当たり前のお話。したがって後半はありきたりの失敗学の事例研究。薄くて読み易いので、たまにパラパラと読...

      続きを読む
    開く

    セーフモード