京の花街 「輪違屋」物語

著:高橋利樹

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    京都・島原といえば、かつて興隆をきわめた、日本でいちばん古い廓(くるわ)。幕末の時代、新選組が闊歩したことでも有名である。その地でたった一軒、現在でも営業を続けるお茶屋が、輪違屋(わちがいや)である。芸・教養・容姿のすべてにおいて極上の妓女(ぎじよ)、太夫(たゆう)を抱え、室町の公家文化に始まる三百年の伝統を脈々と受け継いできた。古色なたたずまいを残す輪違屋の暖簾をくぐれば、古(いにしえ)の美しい女たちの息づかいが聞こえてくる。太夫のくりひろげる絢爛な宴は、多くの客人たちを魅了し続けている。本書では、輪違屋十代目当主が、幼き日々の思い出、太夫の歴史と文化、お座敷の話、跡継ぎとしての日常と想いを、京ことばを交えてつづる。あでやかでみやびな粋と艶の世界――これまでは語られることのなかった古都の姿が、ここにある。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/12/09Posted by ブクログ

      清水寺を作ったのは誰だがご存知だろうか。
      坂上田村麻呂という人らしい。初代の征夷大将軍で平安時代に北方征伐に抜擢された
      最強の武将だそうだ。

      歴史にはつい人に話したくなる要素が満載である。
      優れた文...

      続きを読む
    • 2014/01/29Posted by ブクログ

      浅田次郎の一連の新撰組関連書籍を読んで、その一環としてこれも読んでみた。現役の主人が実態を綴ってるってことで、週刊誌的読み物としての楽しみは味わえました。

    • ネタバレ
      2012/07/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード