【最新刊】ローソンの告白 だから、個人も組織も成長できる

ローソンの告白

著:財部誠一

1,400円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    コンビニエンス業界が好調だ。その理由は明確で、変化しているニーズに、スピード感をもって応え、お客が欲しいと思うものを店頭に並べているからにほかならない。著者は、好調なコンビニエンスストアのなかでも特にユニークな経営をしているローソンに注目した。不況のなかでも持続的成長を果たし、10期連続最高益が見えてきたローソン。多くの大企業が収益モデルを変えることができずに苦しんでいるなか、ローソンは次世代のコンビニの姿をめざし、経営を根本から変えただけでなく、サプライチェーン全体を見直して従来のコンビニの概念を乗り越えようとしている。新浪剛史社長のめざす次世代コンビニとは、どのようなものなのか。新浪社長をはじめとした各キーパーソンの「告白」が詰まった本書を読み進めていくと、その姿およびローソンが好調な理由が浮かび上がってくる。組織と個人が時代の変化の波を乗り越えて生き残り、成長を遂げるヒントが満載。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2015/07/07Posted by ブクログ

      2015年7月6日読了。新浪元社長をはじめとしたローソン社員へのインタビューを多数収録したノンフィクション。親会社ダイエーの意向に振り回され活力を失ったローソンがいかに自らを変えて立ち直ったか、特に大...

      続きを読む
    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      増収増益を続けているローソンの成功の秘訣が経営陣、現場社員等
      への綿密な取材を交え解き明かされている。
      新浪社長はショップ99との統合交渉やフランチャイズオーナーへとの熱心なコミュニケーションといった...

      続きを読む
    • 2015/01/27Posted by ブクログ

      コンビニ二番手のローソンがすごく気になるワタシ。
      気になる理由がこの本に書かれていました。
      コンビニが登場した当時は、マーケティングで言えば1.0。モノを置き、24時間がむしゃらに営業すれば売り上げが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000109797","price":"1400"}]

    セーフモード