童門冬二の 論語の智恵一日一話 孔子に学ぶ最高の処世訓!

著:童門冬二

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人間通・歴史通で知られる作家・童門冬二の最新作。著者は、近年話題になっているEQ(心の知能指数)と『論語』の「恕」はイコールであるという。孔子がEQの素晴らしさを2600年も前に強調しているということに感銘し、本書を執筆。この、人生訓に満ちた『論語』の中から『やさしさと思いやりがすべてだね(其恕乎)』、『すぐわかりました、と言うな(聞一以知十)』、『恥はおこないを正しくする(有恥且格)』、『生まれつきの能力なんてないよ(有教無類)』、『ことばは意味が第一だよ(辞達而巳矣)』、『それを言っちゃあおしまいよ(駟不及舌)』、『先に仕事を、利益はあとに(先事後得)』など、珠玉の言葉365を厳選し、独自の視点で意訳。その上で、現代人の生活にちなんだエピソードを交えながら、今を生きるための智恵をエッセー風に解説する。一日一話読み進めていくうちに、まるで孔子と対話しているような気分になれる、すがすがしい一冊。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      論語のエッセンスを現代口語で書き直し、それについて解説していますが、孔子の思想というよりも、童門さんの思想であるように思われます。編集がダサいせいか、すごく読み辛い。童門ファンの私としてはすごく残念で...

      続きを読む
    • 2009/05/04Posted by ブクログ

      「恥はおこないを正しくする」「人生にはまぐれもあるよ」「人は憎んでもよい」…。人間通・歴史通の著者が、人生訓に満ちた『論語』のなかから珠玉の言葉365を厳選し、独自の視点で意訳。その上で、現代人の生活...

      続きを読む

    セーフモード