強者の管理学 韓非子

著:守屋洋

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「韓非子」の内容上の特徴を一言でいえば、人間不信の哲学のうえに立って、権力のあり方を追求している点にある。人間の実態を見すえながら権力の本質を分析し、トップの置かれている困難な立場をうきぼりにすることによって、権力維持の方途をさぐった本、それが「韓非子」にほかならない。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/09/17Posted by ブクログ

      人間不信の哲学たる韓非子です。ちなみに同じ訳者で新しいのが出版されています。

      古典を引用し訳と解釈を付けているものですが、非常に面白い。人間は己の利する所に依って行動する、と。徳を以って~と言った論...

      続きを読む
    • 2009/06/21Posted by ブクログ

      史記をよんでいたので、話の内容は理解していたが、ここまでストイックにリーダーとしての事例と、部下としての事例を列記されると、すごく引く思いがした。しかし、やはり良くできた内容、なるほどと思うことしきり...

      続きを読む

    セーフモード