伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う

著:伊熊よし子

720円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ゴヤの絵の情景を劇的な音で描き出したグラナドス、スペインの栄光への想いを歌い上げたロドリーゴ、極限まで美を追求したラヴェル、印象主義と象徴主義の拮抗する時代を彩ったドビュッシー……。スペインとフランスには、天才的な音楽家が数多く存在する。ピレネー山脈を越えた異文化の交流が、彼らの才能を何倍にも増幅させ、百花繚乱の魅力に富んだ音楽が生まれた。本書はそうしたクラシックの名曲の数々を、作曲家や作品ゆかりの土地など多種多様な痕跡にふれながら紹介する。天才はスペインから生まれる。芸術家はフランスで磨かれる。生涯の友となる音楽に耳を傾ける幸せ、五感を刺激される喜びに満ちた音楽案内。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/06/04Posted by ブクログ

      ラ・フォル・ジュルネの2013年公式本。
      この年のテーマに合わせ、スペインとフランスの音楽史や
      音楽家について紹介してあります。

      サティ・ラモー・クープラン・フォーレ…。
      あるいは
      ビゼー・ファリャ...

      続きを読む
    • 2013/05/15Posted by ブクログ

      「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013」
      楽しかったな。
      あの時がよみがえるような読みごこち。リンクして、頭の中にいろんな曲が流れながら読み終わって… 素敵な旅ができました。

    • 2013/05/05Posted by ブクログ

      ラ・フォル・ジュルネ2013公式本。
      おおむねスペインとフランスの音楽家のルーツ本。
      グラナドスって、こんなドラマチックな亡くなり方だったんだー!(泣)

    セーフモード