スティーブ・ジョブズ 夢をさがし続けよう

著:桑原晃弥

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年10月5日、56歳の若さでこの世を去ったIT界のカリスマ、スティーブ・ジョブズ。多くの人はジョブズのことを、コンピュータが大好きで計算が得意な恵まれた人だったと思うだろう。しかし、ジョブズは生後すぐに親の事情で養子に出され、小学校時代は問題児。大学は中退して、勤務先でも同僚から嫌われるところのある若者だった。しかし、ジョブズには「パソコンで世界を変える」という夢があったのだ。本書は、お金も学歴も人脈もなかった若き日のジョブズが、夢を実現するためにどう行動したか。人をどう説得したり、自分を励ましたのかをジョブズの言葉とエピソードから学ぶ。「大切なのは、本当に好きなことを見つけること。もしもまだ見つけられていないのなら、見つけるまでさがし続けること」といったジョブズ。何度もつらい目にあいながらも必ず立ち上がり、夢のような製品で世界の人々の生活を変えたジョブズの勇気と情熱にふれる本。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/01Posted by ブクログ

      知っているようで知らなかったスティーブ・ジョブズのこと。彼のエピソードをキーフレーズでまとめてあり、とても明瞭でよかった! 中学生くらいから読めそう

    • 2013/02/14Posted by ブクログ

      「スティーブ・ジョブズ」自体がもはや一つの作品のような、カリスマとはこういう人なのだろうと思っていたら亡くなった。偉人と呼ぶにはまだ時間が経っていない気もする。そうしたこともあってか、本書は伝記的要素...

      続きを読む

    セーフモード