トヨタ式 自分を高める6つの知恵

著:若松義人

500円(税込)
ポイント 5pt

日本が世界に誇る一兆円企業、トヨタ自動車。そのトヨタのDNAであり、いまや世界の生産現場で活用されている業務改善手法が、ご存知「トヨタ式(トヨタ生産方式)」です。しかし、トヨタ式を「知識」として理解していても、実際の「知恵」として活用することはなかなか大変。そこで本書はトヨタ式の生みの親である大野耐一氏の直弟子が、このブラックボックスともいえる「現場の知恵」について、自らのノートをひも解きながら平易に語りました。「『仕方がない』を禁句にせよ」「成功は『あと少し』の積み重ね」「一気にやるより一番にやれ」「結果よりステップを重視せよ」「『必要か』で動け、『可能か』ではない」「基本の繰り返しにマンネリはない」など、自分自身を劇的に改善するヒントが満載。創業以来、途切れることなく脈々と受け継がれてきたトヨタの源流が、いまあきらかに!『トヨタ流仕事の哲学』を改題。

続きを読む

レビュー

4
2
5
1
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2015/03/06Posted by ブクログ

    こ…これ、官の人にこそ実践して欲しいわ…。 自分接客畑ですが、実践したいと思う箇所はたくさんありました。読んだだけでも少しステップアップした(ような)気持ちになる一冊。…いや、それじゃ駄目なんだけど。...

    続きを読む
  • 2010/04/20Posted by ブクログ

    団体をまわす側の人間として読むと非常に参考になる。 ライバル会社さえ知っているトヨタ式。 それを実例を交えつつ読み解くのが本書である。 今まで「モノづくりはヒトづくり」など多く言われてきたが、どうや...

    続きを読む

セーフモード