なぜ日本は「大東亜戦争」を戦ったのか アジア主義者の夢と挫折

著:田原総一朗

1,600円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1924(大正13)年11月、最後の訪日を行なった中国独立の父と称される孫文は、神戸で“大アジア主義”を宣言した。当時、アジアのほとんどの国は欧米の植民地となっており、日本と中国が協力してアジアの国々を独立させねばならないということだ。大アジア主義を唱える日本人は、それ以前から少なからずいた。私は、アジア主義は正解だと現在でも考えている。それがなぜ大東亜共栄圏となり、大東亜戦争となったのか。大アジア主義から大東亜共栄圏への変遷、その経緯を明らかにするためには、昭和の戦争についてあらためて総括せねばならない。どうも私たち日本人には、連合軍が決めつけた“侵略戦争”というよりは敗れる戦争をしたことこそが致命的失敗という認識が希薄なようだ。そこで、いつどこでどのようにして失敗回路にはまってしまったのか、今後失敗を繰り返さないために、徹底的に洗い直してみることにしよう。(田原総一朗/本文より抜粋)

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      日本が大東亜戦争に至る、表の話とは別な裏のなりたちが色々わかります。
      これ程の背景がありながら戦争を始めてしまったは、やはり残念。

    • 2013/11/30Posted by ブクログ

      南京事件については、日本軍の上層部は中国人への敬意をもち、指示した人もいたかもしれない。しかし建前上かもしれない。

      部下は略奪禁止令をはいはいと聞き流していたのではないか。つまり、略奪や強姦などの南...

      続きを読む
    • 2011/08/28Posted by ブクログ

      日本にも気骨のある主義主張を展開していた人がいた。
      欧米からの主張にのっかったりすること無く、ちゃんと考えていた人がいたんですね。どこに行ったんでしょう。またどうやったらそういう人が出てくる世の中にな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード