大学時代しなければならない50のこと

著:中谷彰宏

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    夢を実現する人は、大学時代にチャンスをつかんでいる。「やりたいことが、見つからない」とボヤくより、できることから始めよう。本書は、ベストセラー『面接の達人』で大学生の教祖的存在となった著者による、大学時代の過ごし方講座。自分の未来を輝かせるために今しておくべき大事なことを教えてくれる。「コイツはすごいという人に出会えれば、第二の自分が目を覚ます」「単位に関係なく、もぐってでも聴く講義の中に感動がある」「知らないことだらけだとわかれば勉強が進んだ証拠」「一人の時間を持たないと、成長しない。行方不明になれる場所を持て」「社会はアルバイト経験が通用するほど甘くない。バイトするより、仕送りを増やす作戦を考えよう」など、教科書には載っていないアドバイス満載!「卒業までにやりたいことが見つかれば、夢は必ずかなう」という力強いメッセージで、タダの大人になりたくないすべての学生にエールをおくるエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    62
    5
    9
    4
    19
    3
    22
    2
    10
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/09/20Posted by ブクログ

      流石に全部はやらないが、すぐ行方不明になれる場所をつくっておくというのを取り入れた。上位5%、下位5%に入るダチとか。

    • 2019/02/05Posted by ブクログ

      自分はまだ本を読むことの長さが浅く、新鮮な内容もあって、参考になる箇所がいくつかあった。
      ただ、あくまで筆者の経験に基づく話が多く、もらうところ、切り捨てるところの取捨選択が必要と感じた本だった。

    • 2018/03/12Posted by ブクログ

      愛する師匠からお借りした本。
      ほぼほぼ映画の事しか書いていなかったが、
      やはり成功者というのは、孤独時間を楽しみ
      その期間にどれだけ学び、
      本当に信頼する師匠の言葉は全てメモる
      そして、本や映画は月1...

      続きを読む
    開く

    セーフモード