「中興の祖」の研究 組織をよみがえらせるリーダーの条件

著:童門冬二

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    今、企業をはじめとする日本の組織は、新たな時代に対応するために生まれ変わることが必要とされている。しかし、それに向かって懸命に努力をしている組織もある一方で、「改革」に失敗すること、そして「変わること」そのものを恐れて、旧態依然のままの組織も多いのもまた確かである。しかし、既存の組織の「改革」が必要とされたのは現代に限った話ではない。太平の世と言われた江戸時代でも大きな変革が必要とされ、それを実際に乗り越えた例が存在している。そして、それに成功したリーダーは『中興の祖』と呼ばれ、人々は今に至るまでその功績を語り継いでいる。本書は、徳川吉宗、上杉鷹山など広く知られた人物から、細川重賢、前田綱紀など、郷土で今も尊敬を集める人物まで、逆境にさらされながらも果敢に挑み、危機を突破した名君たちの実践から、現代にも通用する「組織改革」のヒントを探る。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/12/15Posted by ブクログ

      会社に勤め、組織の在り方に悩む多くの方々にとって非常に参考になる1冊だと思いますし、また経営者にとっては極めて重大な1冊なのではないでしょうか。

    • 2006/10/01Posted by ブクログ

      徳川吉宗・上杉鷹山・細川重賢・毛利重就・松平頼恭・前田綱紀の江戸時代の6人を、中興の祖として、その改革方法などを解説した本。いろいろタイプはあるようですが、どの人々も、コミュニケーションをとる・既成概...

      続きを読む

    セーフモード