スポーツの世界は学歴社会

著:橘木俊詔 著:齋藤隆志

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    プロ野球選手の49%、大相撲(関取)も44%が、なんと大卒!スポーツで「成功」するためにも、大学に行ったほうが有利?実力がものをいう世界……そんなスポーツ選手のあいだに変化が起きている。大卒の割合が格段にふえているのだ。しかも驚くべきことに、彼らのほうが、若くしてプロや企業チームに飛び込んだ高卒よりも「成功」する確率が高い。1965~2010年までの2421人のプロ野球選手を分析すると、選手として長く活躍するうえでも、引退後に指導者となるためにも、特定の大学を卒業すると有利であることがわかった。野球、サッカー、ラグビー、駅伝、相撲――プロ・アマそれぞれを代表する5つの競技を、計量経済学の手法でデータ解析。企業社会同様、学歴や出身校に左右される現実が明らかに。本書では、各スポーツ選手の出身校を高校・大学別にランキング。また、スポーツ優遇策の是非について、早稲田大学を例に考察している。

    続きを読む

    レビュー

    2.3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      プロスポーツ選手の学歴の比率、分布、傾向からの考察。ネットで拾える情報や整理された資料をベースにしておりそれ以上の取材や調査はしていないよう。

    • 2013/03/02Posted by ブクログ

      プロ、アマ問わずに大学、進学校出身の選手が「成功」することに学歴は関係するのか?を経済学的に分析した本。

      分析のかけかたがおもしろく、筋は合っていると思うが「だからなんやねん」でも終わる。

      読者対...

      続きを読む
    • 2013/02/15Posted by ブクログ

      野球やサッカーをはじめとするスポーツの選手や指導者とその学歴との関連づけ、という視点がおもしろいと思って読み始めたが、読んでみると数字の上での分析が中心で、他の方のレビューにもあるように、面白味はなか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード