空飛ぶ納豆菌 黄砂に乗る微生物たち

著:岩坂泰信

789円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地球を半周して飛来する黄砂は、微生物たちの格好の乗り物だった!中国奥地のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠から偏西風によって日本の上空に飛来してくる黄砂に、カビや細菌類が付着していることがわかってきた。黄砂が含む水分やミネラルが、長距離を移動する微生物たちにとってとても具合がよかったのである。黄砂からどのような微生物たちが見つかったか。微生物たちが長距離を移動する間に起きる化学的・生理学的変化とは何か。黄砂が落ちる場所で微生物たちがもたらす生態系、農業、人間や家畜の健康への影響とは何か。「黄砂に乗る微生物」をめぐり、科学者たちの探求が始まった。☆黄砂が飛んでくると、微生物の量が5倍にふえる☆敦煌の上空を飛ぶ黄砂の10%にカビや細菌が付着☆金沢や能登の上空の黄砂でも、微生物を採集☆標高3000mの立山の積雪から、黄砂と微生物を採集☆生態系、健康への影響はこれからの研究課題

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/10/20Posted by ブクログ

      エアロバイオゾルという言葉を初めて知って、研究をするということは何をすることなのかの片鱗を覗きみれたかな。
      タイトルの割に納豆ネタが少なくて残念。笑

    • 2014/11/07Posted by ブクログ

      黄砂、細菌がくっつくのに適した?
      黄砂、化学成分、海に栄養、他の大陸へ物質運ぶ。
      黄砂の表面積は、地球表面の10から20%に相当。

    • 2013/03/10Posted by ブクログ

      黄砂や微生物や菌など、大気の中に存在する浮遊する粒子をエアロゾルというらしい。
      それらは地上を這うのみならず、成層圏にまで達しジェット気流に乗って世界を飛び回っているそうな。
      大半は何をしているんだか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード