水の危機をどう救うか 環境工学が変える未来

著:丹保憲仁

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    安全に飲用水を利用できない人が、世界には9億人存在する。まして世界人口が100億人に達する未来、洗濯や庭の水やりにまで飲用可能水を使うことは難しくなる。実は日本でも、関東地方の一人当たり水資源量はアラビア半島と同じようなレベルで、一年間で1000立方メートルしかない。一方、自立するのに望ましい水供給量は一年1人当たり2000立方メートルである。ではなぜ水が足りているのか?その答えは本書をお読みいただきたい。本書では環境工学の碩学が、ローマやロンドン、さらに江戸・東京の水道開発の苦闘の歴史をひもときながら、「環境湖」を設け膜技術で水を再生する「水環境区」のシステムを提唱。そのモデルとなる、水資源に乏しいシンガポールや西安(中国)での実践例も紹介する。(目次より)◎膜分離技術の基本◎日本人の水需要◎雨水と汚水を分けることの必要性◎環境の時代から近代の次の共生文明へ◎農業用水と田園地帯水環境区

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/01/06Posted by ブクログ

      著名な丹保先生が書かれたものです.これを読んでいて思うのは,環境工学の分野は,今まで「質」の制御に重点が置かれていて,「量」の制御に関しては比較的オーソドックスな枠組みの中で扱われてきていることです....

      続きを読む
    • 2020/05/24Posted by ブクログ

      2007年の「水戦争」(柴田明夫)が問題提起の書だとすると、こちらはその処方箋となっています。
      豊富な図表を駆使して、現状を分析(1人1日平均の水使用量は風呂66ℓ、トイレ58ℓ、台所54ℓ、洗たく4...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000109630","price":"880"}]

    セーフモード