トヨタ流 最強社員の仕事術

著:若松義人

569円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界屈指の自動車メーカー、トヨタ自動車。その強さの秘密は独自の経営手法とともに、人の知恵を活かしたモノづくりを営々と続けてきたことにある。つまり社員一人一人の強さにあるというのだ。ではトヨタ社員の仕事ぶりは他社の社員と一体どこが違うのだろうか。本書は、トヨタ生産方式の伝道者として名高い著者が、トヨタ社員のものの見方・考え方を徹底分析、その仕事術をまとめたものである。『「汗」を出しすぎるな、知恵が出にくくなる』『段取りとはムダ取りのことだ』『「できる」と結論せよ』『「あればいい」データのほとんどは「なくてもいい」データである』など、これまで当たり前としてやってきたことや従来どおりのやり方を見直すのに役立つ内容ばかりである。変化の激しい時代に、ただものまねやマニュアル通りでは未来はみえてこない。自分で考え、考えたことを実行に移し、改善を加えていく。自分を改善していくきっかけづくりになる本。

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/27Posted by ブクログ

      トヨタ生産方式に関するわかりやすい解説本。
      仕事におけるあらゆるムダをなくすにはどうすればいいかが書かれている。僕も今業務改善に取り組んでいるので大いに参考になった。僕がもっとも重要だと感じた点は「作...

      続きを読む
    • 2011/07/26Posted by ブクログ

      著者はトヨタ生産管理システムを作ったと言われる大野耐一氏に仕えた方。



      トヨタの考え方というより仕事の考え方が学べる本。


      入社3〜5年目ぐらいの方に最適かな。

    • 2011/04/01Posted by ブクログ

      トヨタ流では、徹底的に無駄を省き、常に改善を求めるやり方を提唱してきた。また、現場の問題点を現場で働いている方に聞き、今後の改善活動として生かしている。いつも、現地現物を大切にする会社である。なにか問...

      続きを読む

    セーフモード