解決する力

著:猪瀬直樹

789円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「石原新党」や「尖閣諸島購入問題」、「東京電力とのバトル」、「オリンピック招致」、「災後社会のネットワークづくり」など、東京都のマネジメントに絡む出来事をネタに、問題解決力を磨く考え方、行動の仕方、強いメンタルの保ち方などをわかりやすく説く!◎「その日までが勝負」と「その日のみの勝負」◎改革とは具体的な数字を示すこと◎決断は見切り発車で◎ツイッターがつないだ奇跡の絆◎日本人に足りない言語技術力など、世の中の最前線で闘ってきた著者ならではのメッセージが満載。ヒット作『決断する力』に続く、臨場感あふれるビジネススキル読本。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    10
    5
    1
    4
    4
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      猪瀬氏は都知事候補ということもあり、氏の思想・考え方を知るためにも近著を読むことにした。結果的には都知事として押しても間違いない人だと理解した。また、元々文筆家であることもあり、大変読みやすい文章だっ...

      続きを読む
    • 2016/03/10Posted by ブクログ

      尖閣諸島購入問題、東京電力とのバトル、オリンピック招致…。日々揺れ動く出来事をネタに、問題解決力を磨く考え方、行動の仕方をわかりやすく説明。ジャーナリスティックな物の見方を身に付けるのに役立つ。

    • 2014/03/01Posted by ブクログ

      前東京都知事で作家である猪瀬直樹氏の著書。
      東京都の副知事時代に雑誌に掲載された文章をまとめた本となっている。

      文章としては読みやすく、話もよくまとまっている。
      政治家として、いかに問題に取り組み解...

      続きを読む
    開く

    セーフモード