「ゆっくり動く」と人生が変わる 副交感神経アップで、心と体の「不調」が消える!

著:小林弘幸

540円(税込)
ポイント 5pt

私たちの血管や内臓の働きをコントロールしている自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類がある。体を緊張・興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」──。両者のバランスが崩れるとさまざまな不調・病気を招くことが近年明らかになってきているが、ストレスだらけの現代人の多くは「交感神経優位」になっている可能性が極めて高い。ではどうすれば、副交感神経の働きを高めることができるのか。自律神経研究の第一人者として知られる著者いわく、その最も手軽で効果的な方法は「日常のさまざまな動作を『ゆっくり』と行うこと」。歩く、話す、食べるといった日常動作のペースを少し落とすだけで、心と体の「不調」が解消し、常に「健やかな自分」でいられるようになるという。本書では、数多くの一流スポーツ選手のパフォーマンス向上指導を手がける話題の名医が、その医学的メカニズムと実践&継続のためのコツを徹底解説!

続きを読む

レビュー

4.2
7
5
3
4
3
3
1
2
0
1
0
  • 2016/01/26Posted by ブクログ

    同著者「あきらめる健康法」を読んだ後に買って読んだ。 ゆっくり動くと、呼吸が深くなり、自律神経のバランスが整い、結果、健康になる。シンプルで分かりやすいし、納得できる。ただ、意識して実践してみました...

    続きを読む
  • 2015/03/14Posted by ブクログ

     ま,この方の本は,どれも読んでもよく似たことが書かれているんだと思います。だから,どれか1冊読めばいいかな。  「ゆっくり」の勧め,よくわかります。余裕を持って行動すれば,副交感神経が働いてくれて...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2014/11/08Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード