心の病は食事で治す

著:生田哲

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    うつ病や不安障害など、心の病は脳内の神経伝達物質のインバランスによって発生する。薬を服用すれば症状は回復するが、薬には副作用がある。脳に恒久的なダメージを与えてしまいかねない。薬に頼らない治療法はないものか――。本書は、心の病を正しい食生活、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸をうまく摂取することで治す「分子整合精神医学」という方法を紹介する。「なぜフライドポテトはダメなのか」「なぜ精製白パンよりもライ麦パンのほうがいいのか」など食生活についての基本的な認識から、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどのサプリメントを活用した摂取方法まで具体的に解説。健康な精神生活を送るために必要な知識を満載。主な内容――(1)心の病は脳の伝達物質のインバランスで発生する、(2)良質のブドウ糖を安定供給することが、脳の快適運転に欠かせない、(3)アミノ酸こそが心をつくる物質である、(4)不安障害の原因と対処法、(5)うつ病の原因と対処法

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    12
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/08/30Posted by ブクログ

      身体と同じように心も病気になる。

      風邪薬は症状を緩和するだけであって
      身体自身を回復させるわけではない。

      うつ症状の人は昨今増えてはいるが
      所謂「抗うつ剤」と呼ばれるものは
      その症状を柔らげるだけ...

      続きを読む
    • 2013/04/13Posted by ブクログ

      サプリメントめちゃくちゃ飲まなきゃいけなくなる?けど、良いものは良いんだと信じたいが、胃が悪いため吸収できてない可能性があるのもあるからそちらの治療を優先、でも内容としては一貫してて良かった。

    • ネタバレ
      2012/05/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード