「気がきく人になる」50の仕事術 「よくやったね」と言われる具体例

著:中谷彰宏

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    会議やプレゼンで同じことを言っても、通りやすい人と通りにくい人がいることにお気づきですか?これは、日ごろ「気がきく仕事」をしているかどうかの問題だと著者は言います。気がきく仕事は誰にとっても気持ちよく、無駄がなくて、愛があると。そこで、気がきく人になって愛される仕事の仕方とは?気がきくと言われる人はどこが違うのか?を、著者の鋭い観察眼が見つけた具体例でお教えします。◎手帳をいつも開けて、すぐメモすること。◎打ち合わせのアポは、30分・1時間ではなく、5分・20分・50分でとること。◎移動中にバリバリ仕事をすること。◎ミスをした時のリカバリーは「そこまでやらなくてもいい」というところまでやること……などなど。また本書は(1)必死にやっているつもりなのに評価されない人(2)マニュアル以上のことをやりたいけれど、何をすればいいか見つけられない人(3)仕事にやりがいを感じたい人に特にお勧めです。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/15Posted by ブクログ

      ・転職より、仕事のバージョンUPをする
      ・運がよかったという人は、準備の段階で無限のムダをしたり無限の勉強をしている
      ・自信がなくても、気持ちよく引き受ける
      ・後任がきたときに自分の仕事の真価をわかっ...

      続きを読む
    • 2013/07/30Posted by ブクログ

      名刺=西部のマシンガン
      メモ=自分の中で整理できる
      関係ないこともメモ
      書きグセ、行動グセ、考えグセ
      5,20,50
      10%速くする
      面倒くさい仕事=上手くいく
      たまたま=コツコツ
      仕事を任される=お...

      続きを読む

    セーフモード