最期のセレモニー メモリアルスタッフが見た、感動の実話集

編:一条真也

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「手描きの遺影」「ふるさとのようなお花畑」「炭坑節でのお葬式」……。人生の最期を飾るセレモニー・お葬式には千差万別の送りかたがあります。「おくりびと」であるメモリアルスタッフが実際に体験し、目の当たりにした感動の送りかたを一冊の本にまとめました。この本を読めば、きっとこう思うはずです。「死はけっして不幸なことではない。なぜなら、最高のしめくくり、新しい世界へと旅立つために、こんなにも素晴らしい最期のセレモニーが用意されているのだから」と。人生の最期は、こんなにも愛であふれています。

    続きを読む

    レビュー

    5
    5
    5
    5
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/07Posted by ブクログ

      葬儀に立ち会うスタッフの立場から書かれた実話集です。

      つらく悲しい別れもありますが、
      家族や友人、スタッフとの葬儀を通して、
      その人の人生が人間ドラマとして完結しています。
      読むと涙が出ます。

      ...

      続きを読む
    • 2013/01/04Posted by ブクログ

      本書には非常に沢山の“最期のセレモニー”が詰まっています。
      自分にも家族がおり、自分のお葬式のことなど、まだ先…と、考えたことなかったですが、私がもし死んでしまったとき、どれくらいの人が送ってくれるの...

      続きを読む
    • 2013/01/04Posted by ブクログ

      あまり本を読まない私が読破してしまうくらい素晴らしい内容でした。ひとつひとつの葬儀が感動的で涙が止まりませんでした。これが葬儀の現実なんだと痛感しました。同時に葬儀の担当者の質の高さを感じました。なぜ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード