無縁社会の正体 血縁・地縁・社縁はいかに崩壊したか

無縁社会の正体 血縁・地縁・社縁はいかに崩壊したか

著:橘木俊詔

1,100円(税込)
ポイント 11pt

32,000人の孤独死、1,500万の単独世帯、40,000件の熟年離婚……かつて日本は血縁、地縁、社縁が機能した「有縁社会」だった。いったい、いつから「無縁社会」になったのか。それは私たち日本人が無縁社会を選択してきたからにほかならない。なぜ私たちはそれを選んでしまったのか。有縁社会の崩壊過程を徹底的に分析し、無縁社会の問題点をあぶり出す。今後、「一人ぼっち社会」はどこまで広がるのか?孤独や貧困を救うにはどうすればよいのか?安心して暮らせる日本にするための具体的な政策を提言する。

続きを読む

レビュー

3.2
4
5
1
4
1
3
0
2
2
1
0
  • 2013/10/08Posted by ブクログ

    題名の通り、無縁社会についてではなく、その原因について述べたもの。少子化、単身者の増加などが挙げられている。 離婚の増加について、寿命が延びたことで、長い間一緒にいることは耐えられないと考えることが増...

    続きを読む
  • 2011/10/09Posted by ブクログ

    TOPPOINT 2011年3月号より。 著者は同志社大学教授。 日本が突入した「無縁社会」の実態。

  • 2011/07/17Posted by ブクログ

    私は核家族の家で育ちましたが、祖父母の家に行くことも年に1回はあり、今もそれと同じような生活をしています。ところが周りを見回してみると独身者の割合が増えています。 少子化と騒がれていますが、保育...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード