【最新刊】新選組日記 永倉新八日記・島田魁日記を読む

新選組日記

1冊

著:木村幸比古

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    峻烈な隊規のもと、繰り返される血の粛清……。歴史上敗者となった新選組には、つねに陰惨さがつきまとう。だが、史料を丹念に読み込めば、剣の腕を磨き、国家の大事に志を抱いた純粋な若者の姿が浮かび上がる。本書は、明治まで生き残った幹部・永倉新八の手記『浪士文久報国記事』と、副長・土方歳三の信頼が厚く、永倉と行動をともにしていた島田魁の日記から、新選組の実像に迫る。少数の隊士で踏み込み、その武勇を天下に轟かせた池田屋事件、長州藩との激戦に勝利した禁門の変、「朝敵」となり敗北した鳥羽伏見の戦い、新選組瓦解へとつながった甲州勝沼の戦い、激しい砲撃戦に見舞われた会津戦争、奇襲作戦で挑んだ宮古湾海戦、そして土方歳三が最期を迎え、降伏を余儀なくされた五稜郭の戦い……。彼らはこれらの戦場でどのように戦ったのか。近藤勇、土方歳三、沖田総司らの姿はいかに映ったか。「誠」を貫いた男たちの姿を克明に綴った行動録を読み解く。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/02/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/01/06Posted by ブクログ

      当たり前だけど日記と活動報告。
      これだけ細かく書いても山南の事に両名触れず。
      やはり新選組最大のタブーなのか。光緑寺の言い伝えでは無数の刀傷があったとあるが、隊士の粛清あるいは、錯乱状態から自傷行為の...

      続きを読む
    • 2012/09/13Posted by ブクログ

      永倉新八の「浪士文久報国記事」と、島田魁の日記。
      原典に即した文を上段、現代語訳を下段に掲載してあるので、わかりやすい。
      また、間に著者からの解説も入るので、必ずしも読みやすいとは言えない永倉、島田の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード