【最新刊】「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで

「世界の神々」がよくわかる本 ゼウス・アポロンからシヴァ、ギルガメシュまで

監修:東ゆみこ 編著:造事務所

630円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本に古事記から生まれた八百万の神様がいるように、世界にも神話の世界から生まれた神々が多数存在する。ギリシァ神話には華麗なるオリュンポスの12神とその血族たちが、ケルト神話にはヴァイキングたちに信仰された勇猛な神々たちが、クトゥルー神話には怪奇小説家ラヴクラフトの生み出した暗黒の邪神が、それぞれ独自の世界観を持ちながら世界中の人々に親しまれている。本書はギリシァ・北欧・クトゥルーに加え、ケルト・インド・メソポタミア・エジプト神話に登場する109の神々の横顔を紹介したものである。好色家であるにもかかわらず恐妻家だった最高神ゼウスや、神々の仲間ながら最終的に神々と対立したロキ、創造神の地位をブラフマーから奪い取った多重人格神シヴァなど、どのような神々がいて、どのような活躍をしたかが手軽にわかるようになっている。現代的で斬新なイラストも満載の、世界神話の手引書になる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 「世界の神々」が...
      ネタバレ
      2011/12/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 「世界の神々」が...2007/03/10Posted by ブクログ

      もともと神話系に興味があった私にピッタリな本。
      有名なギリシャ神話だけでなく、
      まえから研究してみたかった北欧神話や、
      旅したときになんども見かけたインドの神々。
      神話をだらだらといわれたんじ...

      続きを読む
    • 「世界の神々」が...2007/11/06Posted by ブクログ

      メドポタミア神話を読んで、「天は赤い河のほとり」を読みたくなった。クトゥルー神話を読んで現実と虚構の狭間が分からなくなった。

    開く

    セーフモード