世界の「神獣・モンスター」がよくわかる本 ドラゴン、ペガサスから鳳凰、ケルベロスまで

監修:東ゆみこ 編著:造事務所

600円(税込)
ポイント 6pt

話題のロングセラー『「世界の神々」がよくわかる本』の第四弾!映画やTVゲーム、ファンタジー小説でおなじみの神獣・モンスターたち。力強く、不思議な力をもった異形のものたちに対するわれわれ人間の憧れは強く、多くの書物や伝説の中にその存在を見出すことができる。本書は、神話などに登場する華麗で美しい伝説の生き物から、人びとの間で古くから言い伝えられてきた恐ろしいモンスター(怪物)までを、おなじみのイラストとともにわかりやすく紹介するものである。古き力の象徴であり、隠された財宝の守護者=ドラゴン誇り高く、凶暴で、処女好きの神獣=ユニコーンちっとも勇敢ではない、戦闘部族の人気者=イクトミ猛きアステカ戦士が支持した、王の宿敵=テスカトリポカエジプトの神々の最大の宿敵=アペプ日本神話最古の英雄に倒された、最大の怪物=ヤマタノオロチなど139体の生き物を楽しく解説した本。

続きを読む

レビュー

3.4
15
5
1
4
5
3
8
2
1
1
0
  • 2018/01/16Posted by ブクログ

    広く浅くなので、よくはわからない。 雑学として、軽く知りたい場合はよいが、きっちり知りたい場合はおすすめしない。

  • 2018/01/06Posted by ブクログ

    2009年3月21日~29日。  トイレの中でシコシコと読んでいた本。  広く浅く世界のモンスターを知るには良いかと。  どうせなら全モンスターにイラストを付けてほしかった。

  • 2014/03/04Posted by ブクログ

    全部読み終えるのはいつかでいいから、とぼんやり空き時間に読んでるけどその目的にぴったり。 分類は雑だけど、文章が読みやすく飽きない。 狭く深くでなく広く浅く知識がつく。 ページ数的に無理があるのはわか...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード