「三国志」武将34選

著:渡邉義浩

600円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

呂布、関羽、張飛など、卓越した武力と戦術で自軍を勝利に導いた武将たち。三国志の魅力は、諸葛亮や周瑜など軍師の神算鬼謀の戦術と共に、強烈な個性が火花を散らす武将らの生きざまなくして語ることはできない。本書は、空前の大ヒットを記録した映画『レッドクリフ』の監修者が、魅力あふれる武将たちを選び出し、その活躍ぶりを描いた。「洵イクらを配下に、官渡の戦いにより袁紹を破り、新しい時代を切り開いた曹操」「関羽・張飛・趙雲らを率い、裸一貫から武力でのし上がった英雄・劉備」「“飛将”と呼ばれた三国時代最強の武将・呂布」など、天下とりを目論む英傑・豪傑たちは、いかなる戦術を駆使して、戦ったのか?著者は、三国志学会の事務局長でもある三国志界のプロフェッショナル。史実を踏まえた論述によって、波乱に満ちた男たちの戦いの真実を明らかにしていく!

続きを読む

レビュー

5
1
5
1
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/11Posted by ブクログ

    三国志検定3級向け。いいですねー。三国志好きにはたまらない。三国志末期のソンコウ、エイカン、カジュウなどの記述も多く楽しめました。

  • 2010/12/11Posted by ブクログ

    土地の名士を軽んじて、商人などと手を組むと、その場では成功しても長く土地を保てず政権が維持できない(例・公孫サンなど)

    河北を味方に付けられなかったのが袁紹の敗因。

セーフモード