退化する若者たち 歯が予言する日本人の崩壊

著:丸橋賢

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    若いくせに元気がなく、動きが鈍く、疲れやすい。精神的に虚弱で、学校や仕事が続かない。若年層を襲う身心の不調や学力低下の原因は何か。歯科医である著者は、彼らの顎、歯列の異変に注目。下顎のエラは細く、顔は縦長で左右に歪んでいる。歯列は瓢箪型にくびれ、咬み合わせが悪い。これはまさに、生物学的退化ではないのか!?長年の臨床経験から、咬合治療で不登校や神経症が改善される事例を紹介。さらに、モンゴルへの現地調査をおこない、遊牧民と現代日本人の顎や歯列の違いについて検証する。彼らの顔形や咬合力をみれば、なぜモンゴル相撲が強いのかも頷ける。日本人の退化傾向について実証しながら、時折、著者なりの仮説も交えている。例えば、最近、地べたにしゃがみこむ若者や小顔の女性が増えたのは、退化の象徴ではないのか!?そして、退化をもたらした戦後の文化的荒廃を憂い「いのちの保守主義」を唱える。崩れゆく日本人に緊急提言の書である。

    続きを読む

    レビュー

    2.3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2011/10/07Posted by ブクログ

      前半のデータを基にした、現在の若者が劇的に歯並びが悪くなり、それが原因で自律神経失調症などの不定愁訴を訴えるようになったというところは本当に勉強になった。

      ただし、後半になるに従い著者の押しつけがま...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2011/04/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード