迷い婚と悟り婚

著:島田雅彦

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    結婚も恋愛も就職も困難な時代に突入した。不景気ゆえ収入も減り、異性とうまく付き合えない男女が増えているという。「まるで戦時下か」とつっこみを入れたくなるほどのわが国の現状だ。しかし、よく結婚相談を持ちかけられるという著者は、「迷っても、結婚はしたほうがよい」と言い切る。なぜか。本書は、結婚をすすめる7つの理由から始まる。子供が作れる、食卓を囲むことができるなど、デメリットよりもメリットが勝るからだ。また、今日は三高から三低、三平に変わり、美醜にこだわると多様性が確保できないと説く。さらに、セックスレスの克服法を紹介し、同性愛にも理解を示す。終章では、大学の先輩後輩の仲であるタレントの光浦靖子さんとの対談を掲載した。テレビで見るキャラとは違う、光浦さんの本音のトークが結婚の難しさを示している。恋愛、結婚に踏み切れないすべての男女に読んでもらいたい、なんでもありの結婚論である。

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    7
    5
    0
    4
    1
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      結婚しなさいと好き勝手言う本
      好き勝手言う本は好きだけど、それはあくまで作者の理論に基づいた好き勝手であって、
      こう散発的に好き勝手だとなんか引き込まれず面白くない。
      距離をとってしまって、へえーとい...

      続きを読む
    • 2016/06/20Posted by ブクログ

      島田氏は結婚を勧める根拠として7つの理由を挙げているが、その中に離婚できる、というのがある。統計的には3割を超える確率で結婚は破綻していることをふまえ、結婚は決して永久就職ではなくなってきている現実を...

      続きを読む
    • 2015/05/04Posted by ブクログ

      兎にも角にも結婚を推奨しまくっている一冊。結婚について考えさせてくれるが、筆者がもとめるのは結婚してみてから考えなさいよということであって、結婚にビビる若者はおっかなびっくりするだけ。しかし読後、結婚...

      続きを読む
    開く

    セーフモード