右脳で行動できる人が成功する

著:中谷彰宏

469円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    書く速さ、フットワークの軽さ、仕事と趣味の幅の広さは「他人の数倍」。その秘密は、右脳にあった!本書は、著述や舞台・ドラマ出演、ボウリング、ダンス、合唱まで、多彩に活躍する著者が習慣にしている38の“右脳行動”を紹介。光る感性と冴えまくる直観力を手にいれて、人生の楽しみを倍増させるヒントがここにある!右脳人のメリットは「15秒でスピーチができる」「切りかえが速い」から「混んでいるレストランでの注文が上手」まで、身近で役立つものばかり。また「初めて聞く話を楽しむ左脳人と、何度も同じ話で盛り上がれる右脳人」「絵本の字を読む左脳人と、絵本の絵を見る右脳人」「生演奏でも拍手しない左脳人と、BGMにも拍手する右脳人」など、具体例による両者の分析は鋭くユニーク。違いが一目瞭然だから成功のポイントもわかりやすい!右脳が目覚めれば、仕事も遊びもグンと楽しくなるはず。毎日に刺激が足りない人の必読書である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/21Posted by ブクログ

      外付けハードディスク2TBを発想した右脳。右脳を意識して映像化。
      本をスキャンするようにフォトリーディング。映像として詰め込む。キーワードで検索できる右脳。中谷さんと神田さんを並行読みする、イメージが...

      続きを読む
    • 2017/11/19Posted by ブクログ

      情熱がないことを
      時間がないことの言い訳にしない。

      本当にやりたければ何が何でもできるようにするものだ。

      時間があるからやりたいことができるのではなく、
      やりたいことがあるから時間ができるのだ。

    • 2010/03/25Posted by ブクログ

      すぐに読める。すぐにできる。

      絵を点で描く。
      見るだけでなく触る。
      面倒くさいことしか楽しくない。
      快感は右脳でかんじる

      発想が左脳になってきたら頭の中でぞうきんをしぼって右脳にきりかえる。

    開く

    セーフモード