おとぎ話に隠された古代史の謎

著:関裕二

510円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これまでの常識にとらわれず、つねに斬新な古代史解釈を提示してきた著者の関裕二。著者の作品には、単なる古代史の読物ではなく、まるでミステリーを読み解くような面白さがある。それはまさに「関ワールド」といってもよい。その著者が、この作品では、われわれが幼いころに、童話として読み聞かされてきた、民族の記憶としての「おとぎ話」に取材し、それを古代史の真相に行き着く手がかりに位置づけ、新たな「関ワールド」を作り出した意欲作である。浦島太郎とヤマト建国の謎とは?誰が何の目的で「竹取物語」を創作したのか?金太郎と酒呑童子との意外な共通点とは?因幡の白兎に隠された邪馬台国の謎とは?桃太郎と吉備をめぐる深い謎とは何か?など、どれも有名なおとぎ話から古代史論を展開している。ミステリー感覚で楽しめる、古代史ファン垂涎の書である。『おとぎ話に隠された日本のはじまり』を改題し、加筆修正を施した。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/05/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/01/06Posted by ブクログ

      2009年2月26日~26日。
       ここで考察されていることを鵜呑みには出来ない。
       強引なこじつけに思える箇所もある。
       引きあいに出していいかどうかわからないが、あのノストラダムスの「諸世紀」...

      続きを読む
    • 2012/07/17Posted by ブクログ

      面白かったですよ。今まで鬼に関する本はたくさん読みましたが、古代日本を語りながらあまり鬼にかかわらない本として新鮮でした。
      さて、各章が短い気がします。謎をふっといて、興味関心を高めておいて、ハイッっ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000109433","price":"510"}]

    セーフモード