1分で大切なことを伝える技術

著:齋藤孝

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内容の薄い、長~い話を我慢しながら聞いた経験は誰にでもあるだろう。それは日本人が「簡潔にまとめて話す」というトレーニングを行っていないからだ。本書は一分で過不足なく、しかも相手の心に残るように伝える方法を伝授する。聞き手との間に川が流れているとイメージする「川のフォーマット」方式は、すべてのコミュニケーションの基本になる。さらに、以下のような場面で使える技術を伝授する。【プレゼン】一文であらわすコンセプト、そしてデメリットの明示を忘れるな【謝る】間違いの分岐点のみを抽出して説明せよ【教える】覚えやすい、一語のフレーズを用意せよ【質問する】相手の話の途中に質問をメモせよ【相談する】相手と90度になるように座れ【指示する】レシピのような「段取りシート」をつくれ【初対面】テレビを話題にすると無難【叱る】二時間叱っても無意味。「注意メモ」をつくれ

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/31Posted by ブクログ

      これで斎藤孝さんの本は三冊目でしたが、一番良かったです。

      結論、「伝える力」よりも具体的で人と接する中で実践できるスキルが紹介されており、いい本だなと思いました。
      私が大学生で共感しやすいという点も...

      続きを読む
    • 2010/01/04Posted by ブクログ

      齋藤 孝さんの本は、一気に読める。

      かといって中身がライトすぎないところが好き。

      僕が大学受験のとき、偏差値35の状態から、1年後に偏差値59の大学に合格しました。

      そのとき使っていた、秘密のア...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/03/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード