しつけの迷いを吹き飛ばす 子どもの「がまん」を育てる本

著:田中喜美子

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもはなるべく叱らずに、自由にのびのびと、個性を発揮させるのがよいのか。それとも、ダメなものはダメと厳しくしつけるべきなのか。多くのお母さん・お父さんが、わが子のわがままで聞き分けがない振る舞いに接したとき、しつけにためらいを感じてしまいます。この本は、12年間にわたって「ニュー・マザリングシステム(NMS)」という子育てアドバイス講座を続けている著者が、若いお母さん・お父さんに向けて、しつけの迷いを一掃し、自信を持って子育てに臨めるように応援する本です。豊かな社会の中で「与えられすぎて」育つ環境は、忍耐力に欠け、やる気と意欲に乏しい多数の子どもたちを生んでいます。日本人に特有な「甘やかし」の気質、誤った「母性」の信仰、「がまんする力」の軽視……こうした育児の「落とし穴」にはまらず、子どものやる気と自立心をはぐくみ、生きる力を身につけさせる具体的方法をアドバイスします。

    続きを読む

    レビュー

    3
    7
    5
    1
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/04/28Posted by ブクログ

      世のお母さん方はそんなに必死に抱っこしてるのかと驚いた。
      なんというか、ちょっと極端でちょっと無理やりが多かったかな。
      抱っこするかどうかが問題なんじゃなくて、母親が無理をして子どもに悪影響が及ぶかど...

      続きを読む
    • 2013/09/12Posted by ブクログ

      1歳3ヶ月の娘と格闘中の、一応の経験者として、非常に共感でき、納得もできる内容。実母と近い考えで、産院などで一般的に言われる子育ての方法と逆。今なら間違いなくこうする。

    • ネタバレ
      2012/08/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード