株式会社中華人民共和国 この国はサラリーマン組織である

著:徐静波

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「外貨準備高世界一」「新疆ウイグル自治区の騒乱」など、世界にニュースを提供し続ける中国。近年、国際的な存在感を極めて強めた。日本企業も、人口13億人の巨大マーケットを擁するこの国を無視できない。しかし、私たちが中国に対して「共産党一党独裁の社会主義国家」のイメージを持ち、一種の不気味さを覚えているのも事実だろう。その一方で、経済大国として急速に進化し、多くの富裕層が日本を訪れる姿を多く見ている。私たちはこの国を理解しきれずにいる。本書は、全国人民代表大会の取材を唯一許された在日華人記者である著者が、「中国はサラリーマン組織であり、会社のようである」という独自の視点から、日本人が知らない中国の内側を描く。胡主席の知られざる人生。温首相が抜擢された4つの理由。共産党に入党する方法。航空機、空母……中国の野望の向かう先。次々とあぶり出される汚職事件。中国という難しい隣人を理解するための書。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/07/16Posted by ブクログ

      「一会社員」としての建前が目立つが, 日本人が良く知らない中国政府について知るきっかけとなるにはよい一冊。

    • 2010/03/16Posted by ブクログ

      中国には共産党以外の党もあるとか、国会議員を内閣の構成員にする制度がなく、全員がその道のエキスパートであるとか、興味深い事実が満載。

    • 2010/02/28Posted by ブクログ

      ●以前は北京の天安門広場に来ることすらできなかったが、今では年間4.5Milが海外旅行に。
      ●07年の党規約改正後、党は積極的に民営企業家の入党を進めて来た。
      ●政治局25名は、中共中央、政府、全人代...

      続きを読む

    セーフモード