[図解]一目でわかる! 世界経済のからくり グローバル時代のヒト・モノ・カネの流れ

著:ワールドエコノミー研究会

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    ユーロ圏で不穏な経済状況が続いている。これは世界大恐慌の始まりなのか?長引く不況から抜け出せず財政破綻も懸念される日本。経済がよくないのに、なぜ超円高なのか?……いまや経済問題を理解するポイントは連鎖。世界の経済は国境を越え、瞬く間に相互に影響を及ぼし合う。グローバル時代のヒト・モノ・カネの流れと相互連関をつかむことが、世界経済を理解する鍵なのである。本書は、この複雑に絡み合った世界経済を地図やグラフによる可視化で、一目でわかるよう解説した本。世界経済が欧米から再びアジア中心になりつつある様子、食糧・エネルギー・資源で繰り広げられる熾烈な各国間競争、超円高のしくみ、そしてきわめつけは世界の主要国の盛衰。常識として知っておきたい経済知識が短時間ですっきり頭に入る。日頃の素朴な疑問もこれで解決するはず。現代を知り、明日を見通すためにうってつけの本!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/05/12Posted by ブクログ

      世界経済の事をちょっと勉強したいなて思い、手に取った本。本も厚くなく1日で読み切れました。経済の事がわからない人がよむ入門書としてはいいと思います。本だけでは理解できない部分もあったのでその面はインタ...

      続きを読む
    • 2012/11/25Posted by ブクログ

      1テーマが2~3ページでまとまっていて、さらに図やグラフ付きで分かりやすい。
      いつもは途中で投げ出す経済本も、これは最後まで読めた。
      こういう本で最低限の時事知識は持っていたい。

    • 2012/09/16Posted by ブクログ

      日常生活の中に、経済市況のニュースや経済動向がニュースになっているし、新聞にも記事がたくさんでている。私たちの生活自自体が経済活動そのものと等価になっているというそんな気になってしまいます。
      しかしな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード