銀色の絆

著:雫井脩介

1,500円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    栄光を勝ち取るか、無残に打ちのめされるか、これはもう遊びではないのだ――。夫の浮気が原因で離婚、娘の小織とともに実家のある名古屋へと転居し、無気力な日々を送っていた藤里梨津子だったが、フィギュアスケートの名コーチに小織の才能を見出され、娘を支えることに生きがいを感じ始める。「藤里小織の最大の伸びしろは、あなたにあると思ってます」とのコーチの言葉に、娘のためにすべてを懸ける決意をする梨津子。スケートクラブ内の異様な慣習にとまどい、スケート費用の捻出に奔走し、さらには練習方針をめぐってコーチとの間で軋轢が生じるのも厭わず、娘のことだけを考えてクラブの移籍を強引に進める――そんな母の姿に葛藤を覚える小織ではあったが、試合での成績も次第に上がっていき、やがて……。母娘の挑戦は、実を結ぶのか?母と娘の絆をテーマにした、著者渾身の長編小説。『犯人に告ぐ』『クローズド・ノート』をしのぐ興奮と感動!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    98
    5
    7
    4
    46
    3
    38
    2
    6
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/11/26Posted by ブクログ

      フィギュアスケートってお金掛かるんでしょう?お金持ちしかできないわよねえ。なんて言っている人はこの本を読むといいでしょう。まさに金持ち限定と言っても過言ではない事が再認識されます。こんなにお金が掛かる...

      続きを読む
    • 2018/11/15Posted by ブクログ

      親子でフィギアスケートのトップスケーターを目指す藤里小織と母・梨津子の物語。

      離婚により母子家庭になった藤里親子は、練習の拠点を名古屋に移したことにより、名コ-チ・上村美濤に出会う。

      朝夜のレ...

      続きを読む
    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      フィギュアスケートのジュニア選手の小織と彼女を厳しく叱咤する母の挑戦が母目線で描かれる。多用される微苦笑したという文章と、間に挟まれる現在の小織の、話を引き出す友人に事細かに語る一方的さに、引き込まれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード