「通貨」はこれからどうなるのか

著:浜矩子

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    揺れ動く円ドル相場、ユーロ危機、財政問題……混迷を続ける世界経済の中、「通貨」はどうなるのか?そうしたあらゆる疑問に人気エコノミストが答えるのが本書。◎あくまで「1ドル50円」になる理由◎債権大国日本のとてつもない実力◎「アメリカはまだまだ強い」論の大ウソ◎ユーロは消滅、そして分裂へ◎円高・円安に一喜一憂しない時代が来る◎日本の財政は「メタボキリギリス」◎デフォルトは起こるのか、それはいつか?◎キャピタルフライトなど、無視していい◎円高が地域経済を救うなど、気になるトピックスを切れ味鋭い筆致で解き明かしていく。また、今後の世界経済を動かす「地域通貨」についても詳しく解説。さらには、「円もドルも、ユーロも消滅する!」という衝撃の予想も……。20万部ベストセラー『「通貨」を知れば世界が読める』の著者が贈る新しい通貨論、ついに完成!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    12
    5
    2
    4
    1
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/03/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/02/05Posted by ブクログ

       2015年2月現在、1ドル117円で推移している。2011年4月4日、76.25円でドル/円が史上最安値を更新した。2012年5月に発行された本書は1ドル50円時代到来と予言している。市場はそれを容...

      続きを読む
    • 2014/11/17Posted by ブクログ

      通貨は集約ではなく地域化に向かうと著者。
      聞くと著者はアベノミクスのことをアホノミクスといったそうな。
      目先の投資がどうとかではなく、もっと広い視点から語った一冊。

    開く

    セーフモード