闇に咲く おいち不思議がたり

著:あさのあつこ

720円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あそこには、人を喰らう鬼がいるんです」江戸深川界隈で立て続けに起きた夜鷹殺しに怯える女の、悲痛な叫びがこだまする。そんななか、この世に思いを残した人の姿が見えるおいちの前に、血の臭いをまとった男が現われる。商家の若旦那だというこの男は、亡き姉の影に怯えていた。おいちに助けを求めてきた男は、事件に関係しているのか、それとも――。腹を裂くという猟奇的な手口に衝撃を受けたおいちは、岡っ引の仙五朗と力をあわせ、ある行動に出るのだが……。父・松庵のような医者になりたいという思いを胸に秘め、18歳になったおいちは、事件の糸口を見つけ、解決することができるのか。生き方に悩みながらも、強く生きたいと願う女性を描いて人気の青春「時代」ミステリーシリーズ第三弾!

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    5
    5
    1
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/16Posted by ブクログ

      おいちの潜入捜査にはどきどきした。
      敵地に乗り込んで単身戦うのだもの。
      もちろん、親分はおいちを信じて手を打ってくれたのだけど。
      新吉との仲、ゆっくりとでも進んでほしい。
      新吉も本当にいいやつだから。...

      続きを読む
    • 2018/06/30Posted by ブクログ

      おいち不思議語り第3作
      おいちは18才に。
      父親の松庵、伯母のおうた、岡っ引きの仙五郎、新吉らが見守る中、父のような医者になりたいと真っ直ぐに成長している。
      おいちのひたむきな姿の清涼さと、血生臭い事...

      続きを読む
    • 2018/06/22Posted by ブクログ

      この世に思いを残した人の姿が見えるという、不思議な能力を持つおいちが主人公の時代劇ミステリー第3弾。
      今回は、連続する夜鷹殺しの犯人を捜すため、岡っ引きの仙五朗とともに行動を起こす。
      異能を発揮して事...

      続きを読む
    開く

    セーフモード